2016年03月20日

妖異の匣をゆっくり愛でる

20160312_01.jpg

気がつけば一週間ほど過ぎてしまいましたが、Miinaさん主催のヴォイドアークを愛でるツアーが開催されました。

転職で勤務形態が不規則になり、これを含めてユーザーイベントに参加することが今後難しくなるかもしれないので今回いつも以上にじっくり楽しんできました。その分SSも文章も多いですよ。よ。


まずは個人的恒例となっている、各ボスを正面からアップで撮ったSSを。

20160312_02.jpg

1ボスのケートスはギリシア神話の海の怪物です。

テュポーンとエキドナの子供という説があって、今回登場はその縁なのかも。ヴォイドアーク全ボスの中でこの子だけは妖異ではなく、舟に惹かれてまとわりついている野生の怪物なのだそうです。固有個体というわけでもなく、スタート地点周辺をよく見るとこの子以外にも同種が何匹か飛んでいるのを確認出来ます。

意外と愛嬌のある顔をしていますが、口がでかくて怖い。


20160312_03.jpg

お次は2ボスのソウトゥースとイルミンスール。

なんとなくソウトゥースが主となるイメージを持ってしまいますが、イルミンスールは古ザクセン語で"祖神イルミンの柱"という意味を持つ世界樹で、改良種栽培室というエリア名を併せて考えてみるとこちらこそが主で、ソウトゥース(のこぎり歯)によって刺激を与え改良を促しているというのが実際ではないでしょうか。

栽培室だけあって採光用の窓が天井に取り付けられており、ハニカム構造の窓から差し込む光が印象的で美しいです。


20160312_04.jpg

続く3ボス、みんな大好きキュクレイン。
アップで撮るのが一番怖かったのがコレでした。理由はきっと察してもらえるはず。顔の口も怖くて痛そうですが、おなかに開いた大きな口はもっと怖い。理由は以下略。

実はクー・フーリンだった彼ですが、親友のフェルディアと手を組んだら最凶かもしれません。フェルディアのサピュレーション(スライム)で拘束されて、そこにキュクレインがコロシヴバイル。怖いくぽ。怖いくぽ……。

触手全てに先端まで吸盤がついていることから女性と見る向きもあるようですが、馬が偶蹄目だったりするエオルゼアですし、そもそもタコなのかという疑問もなきにしもあらず。


20160312_05.jpg

そしてラスボス、エキドナさん。

たぶんみんなお尻しか印象に残ってないと思いますが、お顔はこんな感じなのでした。顔の造形だけ見るとセイレーンやシヴァよりもおきれ……げふんげふん。

エキドナ戦前に見学を兼ねた休憩時間が採られたのですが、うちのパーティのタンクだったLynfaさんが「操作状態にしてれば自動離脱されないよね?」といってご飯にでかけたまま返らぬ人となりました。

うん、オートラン状態は操作してないからね!


20160312_15.jpg

ボスではないですが、これもアップで撮りたかったブラックガード。
市街ハードにいたクリブのような防衛機構が妖異の影響で闇墜ちした、的な存在なのかなと妄想しておりますが、あちらが女性型なのに対しこちらは男性型っぽいですね。


20160312_06.jpg

時を巻き戻して、開始直後のヴォイドアーク。船内に多数の棺桶があることは見知っておりましたが、船尾外装にも棺桶が敷き詰められておりました。


20160312_07.jpg

SF感漂うヴォイドアークから、とりわけSFチックな一枚を。ちょっとPSOっぽいなというかこの奥にお花畑が広がっていてダークファルスがいそうだなぁというか、そう考えるとキュクレインって初代PSOのダークファルス第一形態っぽいなというか。


20160312_08.jpg

上のSS奥手にある、突風で吹き飛ばされたあと滑り落ちるあの通路ですが、段差を降りなければまた登れるんですね。そこから更に戻ろうとしても吹き替えされてしまいますが、縮地をうまく使えば突風をすり抜けて戻ることが出来ました(一度しか成功しなかったけれど)。


20160312_09.jpg

換気施設にある回転羽は、なんだか手のような形状をしています。あるいは妖異の手をもぎ取って継ぎ合わせただけなのかも。

ああアメンドーズ……。


20160312_10.jpg

同じ場所、イルミンスールのツタがにょきっと生えるあたりにある実のようなものをアップで一枚。ちょっと真紅のベヘリットみたい。


20160312_11.jpg

進行経路から少し視線をずらすと、こうした開かない扉があったりもします。扉の前には謎のオブジェ。これは何なのだろうなぁ。


20160312_12.jpg

いつもはみょんみょんと跳び進んでしまって、とても気になっていた二人の像。手に持つオーブのようなものでこの装置を駆動してるんでしょうか。あるいはこの二人は、もともとマハの……。


20160312_13.jpg

跳んでいるさなか、眼下に広がる光景はマシンルームのような、あるいは都市のようにも見えます。


20160312_14.jpg

ちょっと戻ってもう一枚。とても幻想的で、個人的にはもっとも印象に残った光景でした。


20160312_16.jpg

既に一枚目で映っちゃったりしてますが、エキドナ戦が行われる場所は壁一面にも棺桶がびっしり。対比して見るとスカアハの棺がいかに巨大なものかがよくわかります。


見学に時間を取り過ぎてエキドナ戦を開始した時には残り時間15分。前述の通りタンクが2しかいない状況で分裂後の蛇処理に失敗し一度は全滅。二度目の挑戦でなんとか撃退出来ましたが、残り時間はわずか数秒でした。

この熱い展開のため自ら犠牲となってわざと自動離脱するなんてやるなああのエレゼン
posted by Punish at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

gpose+vpose=???

20160305_01.jpg

神!

元々気軽にかっこいい/綺麗なSSが撮れるgposeでしたが、機能拡充でより使い易くなりましたね。自キャラスキーな皆々様はSS撮りまくりなんではないかと。

はー、ぱにかっこいいなー。


20160305_02.jpg

まだ極には行っていませんが、セフィロトは無印でも既に面白い!

巨大ボスってロマンはあっても戦闘自体は大味になりやすいものですが、セフィロト戦はほどよく忙しく大味さは感じません。実にイイ。

極ナイツもそろそろクリアしておきたいところだし、やりたいことがまた増えたなー。


20160305_03.jpg

ララ基準で作られてるのだろうとは思いますが、おこたはやっぱりもうちょっと高さがあったほうが良いと思うのです。ですよ。
posted by Punish at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

容疑者Uにかかる嫌疑

あ、真面目に読むと損しますよ。


20160215_01.jpg 20160215_02.jpg

こちら二枚のSSは、旧FF14における錬金術クラスクエストのものです。

プレイヤークラスとしては実装されていなかったものの、巴術士はこの頃から既にあり、メルヴァン税関公社(ギルド)もまた存在しておりました。そこから派遣されてきたというソレットさんが背負っている杖のような何かよくわからないものが、かつての巴術士の武器だったのです。

これでどのように戦うのかはわからぬままでしたが、公社ではこれを積荷につきあてて"ライブラ"を使用し、荷物検査を行う巴術士の姿を見ることが出来ました。

新生でプレイヤーに開放された同クラスの武器が本になったのは周知のとおり。



それはさておき、パッチ3.2が近づき様々な情報が公開されていくなか、グナース蛮族クエストのトピックを眺めていてあることに気が付きました。

蛮族クエストの実装はまだもうちょっと先ですが、今でもそれはグナースの塚で確認出来るはず。

20160215_03.jpg

……ということで確認してきました。

グナースの銃撃タイプ(ファイアドローン等)が使う武器って、かつての巴術武器じゃないですかー!

微妙な既視感を感じつつ、グナース自体がFF12のウルタンエンサ族をベースにしていることもあり深く追及せずにすごしてしまいましたが、改めて気が付くことが出来て大変すっきりしました。


いやしかし。
グナースはどうやって失われた巴術武器を手にいれたのでしょうか。
開発リソースの再利用とかいう大人の事情は敢えて無視して考えます。


……そういえば、新生になったあと僅かの期間ながら、旧巴術武器をただ一人所持していた人がいましたね。

20160215_04.jpg

でも改めて砂の家へ会いに行くと、もう背負っていないんです。



ウリエンジェさん、グナースに横流ししましたね?

──────────────────────────────────────
20160215_05.jpg

3.0メインクエストを終え、ILがもりもりあがっているとらさんを連れて極ビス、ラーヴァナ連戦にいってきました。なんとかクリアは出来たのですが、みんなちゃっちゃか退出してしまうのでSSがとてもとても寂しい感じに。

もっと浸ろうよ!余韻に!
posted by Punish at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

十二の道を究めし者

job60_all.png

戦闘系の全9クラス13ジョブが全てレベル60になりました。

がんがんミラプリしてしまうので見た目でそれとわかるものは少ないですが、SS左上から右下へ、順に

 ナイト(剣術士)
 モンク(格闘士)
 戦士(斧術士)
 竜騎士(槍術士)
 吟遊詩人(弓術士)
 忍者(双剣士)
 白魔道士(幻術士)
 黒魔道士(呪術師)
 学者(巴術士)
 召喚士(巴術士)
 暗黒騎士
 機工士
 占星術師

となっています。

レベル上げはあまり好きではないと思い込んでおりましたが、デイリーの手配書やクエスト、ルーレットに各種ID、それから攻略手帳のボーナスと、その日遊べる時間に応じて、出来る範囲でいろいろやっていれば上がっていくので全く気にならず、それは間違いだったと知りました。

むしろ、こつこつ育てる行為自体は好きなのだなーと改めて。

あとはクラフターを全種60にしたらレベル上げはひとまずおしまいで、次に着手するのは4.0が出たらになるのかな。


──────────────────────────────────────
warring_triad.jpg

ファイナルファンタジー25th メモリアルアルティマニアに、FF6での三闘神の設定画が掲載されているのですが、その隅に開発当時の仮の名称らしきものなどが横書きされています。

魔神:Sefilos
   セフィロス
    神曲演出

女神:Sophia
   ソフィア
    堕ちた神の想い
    沈黙の神
    知識

鬼神:Zurvan
   ザウァヴァン
    永劫の時
    最高神

パッチ3.2で実装される魔神の名前「セフィロト」がここから来ているのは疑いようがないと思います。セフィロスは7で銀髪のマザコンの名前となっているので、更に大元、由来となった生命の樹セフィロトを持ってきたのでしょう。

残る闘神の名前もここから取られると考えると、女神ソフィア(もしくはソピアー)、鬼神ザウァヴァン(もしくはズルワーン)あたりになるんでしょうか。

蛇足ですが、鬼神の横書きには"鬼"ではなく"騎"神と書かれていました。これはただの偶然だと思いますが、もしもこちらが採用されていたとしたら、例のあいつの神としての呼称はどうなっていたのでしょうね。
posted by Punish at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

やくにたたないまめちしき

暗黒騎士のジョブクエストを進めていてふと、新生最初のカットシーンを新ジョブで視たら自キャラの全身禁書装備な姿が見られるかなと思い立ちまして。


で、いろいろと試してみた結果、

20160120_01.jpg

2.0以後に追加されたクラスとそこから派生したジョブで「森の都グリダニアへ」(開始都市により海/リムサ・ロミンサ、砂/ウルダハ)のカットシーン#1を視ると……


20160120_02.jpg

アシエンと対峙するシーンではナイトになる、ということがわかりました。
追加ジョブは見られないってことですね(試すの忘れましたがギャザクラでもたぶんナイト)。

因みに巴術から分派するジョブの場合は、どちらのジョブでも(学者であっても)召喚に変身するようです。

だからどうしたと言われると、どうにもならないんですけど。


20160120_03.jpg

あ、神無できました。

次はデネブを作ります。
posted by Punish at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする