2018年05月24日

交流帳実装で、ドラクエ10経験のある光の戦士にありがちなこと。

20180524_01.jpg

これにダッシュ。

や、やるよね?


20180524_02.jpg


交流帳に書き込みまくるぜーとハウステレポをガンガンしてまわりましたが、置いている家がまだまだ少ない……。

……まぁ実装間もないですからね!仕方ないね!


置こうぜ!交流帳!

・室内用:メッセージブックスタンド
・庭用 :ドードー・メッセージブックスタンド

ラベンダーベッド12区16番地にある我が家にどちらも置いてあるのでどんどん書き込みに来たらイイと思うんだよ。よ。
posted by Punish at 12:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

iPadさん

20180405_02.jpg

ようやくシグマ零式四層をクリア出来まして、二週目にして武器櫃をゲット!

忍者武器としては刀っぽいほうが好みでありますが、ダイヤダガーは天野喜孝風のデザインがなかなか素敵。折角なので暫くはミラプリせずに使おうかと思います。


──────────────────────────────────────
20180405_01.jpg

Apple Pencilに対応した新しいiPadを買いました。

筆圧対応タブレットとしてはVAIO Z Canvasを持っているのだけど、気軽に絵を描くのには筐体がちょっと重いということに加えて、最近ペンの調子が宜しくなく、まともに描けない状況が続いておりました。

iPad Proと違いフルラミネーションディスプレイではない(タッチパネルとガラス面がやや遠い)ためお絵描きに向かないという話も聞きますが、ボクのような適当スタイルではそこまでの影響はなさそうです。

ペイントツールはアイビスやメディバンなどいろいろ試した結果、鉛筆ペンの描き味の良さと使い慣れた操作性の二点でCLIP STUDIOに決めました。EXはボクのお絵描き頻度では割高すぎるので、今月末に提供が開始されるPro版を年額プランで契約予定です。

あまりにブランクがありすぎたからかいざ描こうと思うと全然筆が進まなかったけれど、自キャラのトレスから始めてみたらこれが思いの外楽しく、暫くはいろいろトレスして描くことに慣れていこうと思いました。

スマホで触り始めていたファイナルファンタジーエクスプローラーズフォースもデータ移行してこちらで遊んでいますが、やっぱり大きな画面は良い物ですなー。


それにしても、少し前まではピュアタブレットといったら"消費するデバイス"だったと思うのですけど、今やPC版まんま(に見える)のCLIP STUDIOが普通に動いてしまうのですね。値段でいったらApple PencilをあわせてもZ Canvasの1/6くらいですよ!

凄い時代になったものです。
posted by Punish at 16:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

シロイタチは出ないけど

今までも間が開くことはありましたが、今まで以上にロドストもブログも放置気味な今日この頃です。インゲームで遊ぶことに忙しくてね!

遂に実装されたエウレカですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
レベリングの楽しみとNMポップの可能性がある分、ディアデムよりも個人的には楽しめていますが、それでも乱獲はもうちょっと楽しめるようにならないかなー。

あとはエレメンタルレベル差がついてしまうと組みづらくなってしまうので、やっぱり一番低い人にシンクする機能は必須だと思います。

NMにわーっと群がってわーっと戦って壊滅したりとかはちょー楽しいです。ちょーな。

あとは物語も気になります。東方にある割にはトレーラーに見られる建物は西洋風だね?っていうかシャーレアン風だね?って思っていたらまさかの展開で続きが気になりますったら。

──────────────────────────────────────
閑話休題。

獄之蓋のボス箱に隠れていることがあるという都市伝説のあるシロイタチ、可愛いですよね。

シロイタチというよりはフェレット、それもシャンパンあたりの毛色の子に見えるんですが、まぁ出ません。出たのを見たことすらないし、万が一出てもロットに勝てない自信があります。


だからってわけではないんですけども。


phinaud_20180315_01.jpg

数年ぶりにフェレットを我が家に迎え入れてしまったー!

シャンパンの男の子で、"フィノ(Phinaud)"と名付けました。
もともとシルバーの男の子だったら付けようと思っていた名前でしたが、思いの外気にいっていたようでこれ以外思いつきもしませんでした。

予防接種も終わりきっていないので、泳げるかどうかはまだわかりません。もしも泳げる子だったら、きっとヴァルドに特訓してもらったのでしょう。


動画もあるよ。


はーかわいい。控えめに言って死ぬほどかわいい。

かわいい。


phinaud_20180315_02.jpg

スヤァ。
posted by Punish at 10:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

今日のきづき

20171206_01.jpg

かかしは双剣士だった。
あるいは忍者かも。

……今更?
posted by Punish at 11:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

ぱにの妄想帳:5.0で追加される新蛮族を考える

my_platoon.jpg

小隊ミラプリ楽しい!

でもあれこれ考えて試すには、リテイナーベルが近くにないのがめどいです。小隊部屋か、せめてGC本部にリテイナーベルを、どうか、どうか……!

あとそこそこ熟練度も育ってきて、セシリーなどは守勢ランク4までいったんですが相変わらずエアロ即撃ちです。タンクなセセリックはいらん雑魚までかき集めようとしてトンベリキングのタゲがまったくとれません。

範囲?避けないよ?

いつになったらかしこくなりますか!

まぁそれもまた楽しいのですけども。


──────────────────────────────────────
閑話休題。

あの兄妹ガレアン人なのに第三の眼ないのはなんでかな?お父さんにはちゃんとあったよ?あいつが末裔がどうの言ってたこと関係ある?……とかいろいろ気になることはあるのですが、今回の妄想帳は5.0で追加されるであろう新たな蛮族についてです。

え、もう?


20171101_03.jpg

蒼天のイシュガルドで追加された蛮族、バヌバヌ族。

最初に見た時の印象は"太ったヤグードみたい"だなー、でした。

ヤグードはFF11の世界ヴァナ・ディールにおける獣人(蛮族)の一種で、主にタルタル(ララフェル)とミスラ(ミコッテ)の国ウィンダスと敵対していました。

参考資料:ヤグード/FF11

ヤグード好きなんですよね。特に侍や忍者がジョブに設定されたヤグードは本当にかっこいい。

ボクは一度決めた容姿に対する執着が非常に強く、幻想は勿論、髪型も色も変えるつもりが一切ないんですが、万が一新種族:ヤグードとか実装されてしまったら揺らぎかねないほどです。

ゲッショーちょーかっこいいしかわいい。


20171101_04.jpg

そして紅蓮のリベレーターで追加された蛮族、コウジン族。

最初に見た時の印象は"痩せたクゥダフみたい"だなー、でした。

クゥダフもまたヴァナ・ディールの獣人であり、主にヒューム(ヒューラン)とガルカ(ルガディン)の国バストゥークと敵対していました。

参考資料:クゥダフ/FF11

こいつらにはあまり思い入れがありませんが、柵の向こうに居たクゥダフにディアをいれたら大量の仲間を連れてひき殺しにきたことは今でも覚えています。トレイン怖い。


意図的なのか偶然なのかは想像するしかありませんが、各拡張パッケージで追加された蛮族にヴァナ・ディール獣人との類似性を感じたのは紛れもない事実です。次の拡張である5.0で追加される蛮族にもそうした要素があるならば、もう一つの獣人オークに思いをはせるのは無駄ではないでしょう。


オークは主にエルヴァーン(エレゼン)の国サンドリアと敵対していた獣人です。

伝統的なファンタジー種族から採られたと思われるその種族名から想起されるのは、「豚の獣人」というイメージでしょう。実際彼らは、ずんぐりむっくりとした太ましい種族として描かれ、NPCの台詞にも蔑称として「豚ども」といった表現があったと記憶しています。

参考資料:オーク/FF11

というわけで、ヴァナ・ディール獣人と追加蛮族との対応を並べてみましょう。

ヤグード → バヌバヌ(太った)
クゥダフ → コウジン(痩せた)
オーク  → ????(???)

前述の通りオークは太ましい種族ですから、単純に考えると対応する蛮族は"痩せた"になるでしょう。が、それだけだとコウジンとかぶってしまう。


ならば……

orc_t.jpg

横に縮めるだけでなく縦に伸ばして、5.0では"ひょろ長いオークみたい"な蛮族が追加されるに違いない!

……っていう妄想でした。

──────────────────────────────────────
おまけ。

thunder.png

宿命の戦い的な。
posted by Punish at 16:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする