2016年06月27日

踏みしめて行く追憶の旅

書きたいことはそれなりにあっても書く頻度が下がると一つにまとめてしまって長ったらしい日記になりがちなのでボク以外は気をつけたほうがいいと思いました。

というわけで最初に告知です。
今年も怪談会を開催しますー。

といっても今のところ決まっているのは開催日時くらいだったりしますが。

開催日時:2016/8/6(土) 21:30頃

です!
開催場所は未定ですが、人数を考慮しなければFCハウス内でやりたいのですよね。調光機能とオーケストリオンで雰囲気はばっちりですし。昨年はLSすらいっぱいいっぱいで大変でしたが、14時間放送の座談会で宣伝してきたり良い条件が揃っていたので今年は果たしてどれほど集まるやら。

そもそも家って何人まで入れるのだったかな?
べあさんの告知日記で語り手募集してますので詳細など含めそちらもご覧下さい。

個人的最大の懸念はシフト的にボクはどの程度参加出来るかってとこだったり……

↓以下本題
──────────────────────────────────────
先日、蒼天のイシュガルド発売から一年が経ったらしいです。2.55から蒼天発売までは随分と長く感じたものだったけれど、この一年はあっという間でしたねー。


20160627_01.jpg

パッチ3.3のメインクエストをボロ泣きしながら終えました。竜詩戦争編完結に相応しい、とてもイイ!物語でした!

一番印象深いのは勿論ニーズ戦直後のあのシーンなのですが、部屋にこんな物を飾っているボクとしてはミドガルズオルムに乗りフレースヴェルグと並んで飛ぶシーンも感慨深いものがありました。


20160627_02.jpg

続く追憶行の旅では、特に縛りプレイという意識もなく、ただそうしたかったという理由で、テレポは使わない、飛空艇もなるべく使わずエリア間を走って行く、ということを決めました。ウルダハからイシュガルドに向うなら、中央ザナラーンから北ザナラーンへ抜け、モードゥナを通ってクルザス中央高地へといった具合です。


20160627_03.jpg

環境音とBGMに耳を傾け、流れる風景を眺めながらフィールドを走るのが好きなので、もともと一人のときはあまりテレポを使わないほうではありますが、ここまで一切使わずに長時間行動したのは初めてです。


20160627_04.jpg

おかげで随分と時間がかかり、NPC会話の変化を追うため寄り道を重ねたこともあって、なんだかんだで休日二日がかりの旅となりました。


20160627_05.jpg

PLLか朗読会だかで「冒険者としてだけでなく、プレイヤーとしてもいろいろと思い出しながら楽しんで欲しい」と語られていましたが、その思惑にがっつりとはまって、3.0から始まった物語に想いをはせる長い旅路でありました。

気持ちイイくらい掌の上でころころと転がされています。ちょろいです。
これから4.0に向けて動き出す新たな物語も楽しみです!


ところでFF14マガジンが届きました。
インタビューなど諸々興味深いし、選択肢分岐なども網羅した3.2ストーリープレイバックはとてもありがたいですね。だがひと言言いたい。ちょー言いたい。

だからアリシアじゃなくてアシリアだって言ってるじゃないですかー!キュービストォォォォォ!!!

フォローしておくと該当台詞はインゲームではちゃんとアシリアになってます。フ・ラミンは間違えてません!


──────────────────────────────────────
すっかり書くのが遅れてしまったけど、いろいろユーザーイベントにも参加しています。


20160627_06.jpg

まずはTakeoさん主催のぱれえ動画撮影会から。

ここに登れるのは知っていたけど、自分が乗るのは何気に初でした。探検手帳の追加分に含まれてるのかな?本当にちまちまとやってる感じなのでいまだに初期の手帳が埋まってませんが、いつかまたここに来ることになる、のかな?


20160627_07.jpg

同撮影会で一番印象に残ったのがこの「みんなで一斉にチョコボポーターに乗る!」でした。いやあこれ楽しい。ただ並んで走ってるだけなのに楽しい。またやりたいなー。

舞台が黒衣森だったこともあって、新生最初のベンチマークテストを思い出したりもしました。


──────────────────────────────────────
20160627_08.jpg

そしてこちらはMiinaさん主催のいつものアレ、プレイヤーズミーティングです。

翌日5時起きだったボクは途中で離脱してしまったのだけれど、今回も興味深いアピールがたくさん聴けました。個人的には古書店のお話が特に印象的だったなぁ。

過去にも触れている通り、我が家に人を招くというのはハウジング最大の魅力だと思っていますが、累積1000人規模での来客があったというのは驚きでした。

以前やっていたMMO(というか、MoEですが)のマイホームで美容室をやっていた事をほんのり思い出しつつ。


20160627_09.jpg

プレイヤーズミーティングに限りませんが、開始前のこの時間、だんだんと人が集まっていき、それぞれのフレや馴染みの間であちこちから会話が聞こえてくるこの雰囲気もユーザーイベントの醍醐味だと思います。

──────────────────────────────────────
20160627_10.jpg

最後のこちらはつい先日、Gorillaさん主催のポーキーもおだてりゃ舞台に上るから。

ボクはポーキースーツを持ってないのででぶちょこマスクとモグモグスーツで参加しました。着ぐるみを着て集まって踊るというのはやっぱりインパクトがあり、事前に聞いて集まった人以外にも現地で興味をもって参加する方も結構いたようです。
posted by Punish at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック