2015年11月02日

しあわせをタイムカプセルに詰めて

思わぬ発見があったりするのが楽しくて、時々昔の日記を読み返したりしています。ちょっとしたタイムカプセルを開けるような楽しみと言いますか。

たまに黒歴史の封印を解くこともありますがそれはそれ。


2010年の9月29日の日記でボクは、バザーに出した料理が初めて売れた喜びを記しています。

旧14の正式サービス開始が9月30日ですから、これはCE版特典のアーリーアクセス中の出来事ということになります。

この頃の料理にはアイテム説明にどのような効果があるかの記述が一切なく、最大HP/MP上昇のようにはっきり変化が見えるもの以外は外部サイトの情報のみが頼りでした。

アイテム売買の主流であったリテイナー街(悪名高き!)には出さず現地バザー販売にこだわっておりましたが、前述のような状況だったので"万が一売れたらいいな"くらいの気持ちでやっていたと思います。


ffxivgame 2010-09-29 07-02-02-30.jpg

先の日記にも貼り付けておりますが、その時のログSSがこちら。

こんなものを残しておくくらいには嬉しかったのです。


そういやこんな事あったなーと、改めて日記を眺めていて気が付きました。ぼかしではっきりとはしないものの、料理を買ってくれた人の名前があるフレの名前に見えるということを。

後日グリダニアでお会いした際にアーリーアクセスからプレイしていたかの確認をとり、SSも見てもらったところ「これは自分で間違いないと思う」と返事を頂きました。

なんともほっこりする再発見です。


5年前のボクに伝える手段はありませんが、
あの時君をハッピーにした見知らぬ人は、1年ほど後に君のフレになるんですよ。
posted by Punish at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック