2015年09月30日

きっと太古の生命力的な

覚えていますか。

戦闘域に入る前から動き回っているボスはミノタウロスがたぶんFF14史上初だと、かつてボクが言っていたことを。



20150927_01.jpg

だがあれは嘘じゃ。

殆どの冒険者が蒼天編に於いて最初に挑戦するであろうIDの、その一番目の中ボスであるところの「オリファント」が、戦闘開始前からのしのしと歩き回っておりました。ぱにちょっと間違えた。

勿論、これを含めても希少なケースであることは変わらないし、一番かわいいのがミノタウロスであることも不動の事実ではあるのですがそれはさておき。


ミノタウロスが動き回ることに理由があったように、オリファントにもまた、きっとそうした何かが込められているのではないでしょうか。


電撃の旅団冒険録によれば、オリファントはもともと寒冷地である北アバラシア山脈に棲息しており、それがクルザスの寒冷化にともない南下してきたのだそうです。

つまり寒さには強い耐性があった。

だからこそ、氷によって閉ざされ時が止まった場所であるダスクヴィジルでも平気で活動出来ると、そういうことを表現しているのではないかなーと、そんな妄想をしてみました。

どっとはらい。
posted by Punish at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック