1900年01月01日

ゲームマスター向け -ルール説明テンプレート-

参加者をカウントしますので参加予定者は「@参加」と申告して下さい。スムースな進行のため変化球無しで「@参加」でお願いします。尚、ゲームの様子は後日ログとして公開予定です。参加する方で名前の公開NGな方は別途申請お願いします。

観覧のみ希望の方は予め死者LSに入ってもらいますのでこちらへお願いします。

それではルール説明を行います。
※※ 質問等は *説明後* ※※ にお願いします。途中の質問はスルーします。

人狼は会話によって進行する推理ゲームです。進行は基本的にsayで行いますが、人狼になった人、死んでしまった人は別途LSに入ってもらいます。LSの枠が1つあいているかの確認と、チャットフィルタがOFFになっていないかを確認して下さい。

ゲーム進行中パーティは組んでいても構いませんが、パーティチャットでの打ち合わせなどはご遠慮下さい。

チャット誤爆はこのゲームでは致命的なのでなるべく気をつけて下さい!

後ほど説明する役割を決めたら、朝、昼、夕刻、夜の4つのフェーズで進行します。

朝:基本的にゲームマスター(ボク)からの通達で終了です。

昼:話し合いタイムです。sayで会話を行い、誰が人狼か、誰を食べてやろうかを考えてください。地球時間10分程度をここに割きます。

夕刻:投票タイムです。昼の話し合いを見て、人狼と思われる(あるいは死んでもらったほうが都合がよい)人をsayで投票してもらいます。投票結果を集計後、その人は処刑されます。

夜:人狼のディナータイム、予言者の占いタイム、霊媒師の祈祷タイム、狩人の護衛対象決定タイムです。

夕刻に行われる投票には以下のようなマクロを用意しておくと便利です。マクロを用意しない場合も、投票する際の名前は※※ フルネーム ※※でお願いします。判別しやすいよう【】でくくってもらえると助かります。

/s 【<t>】さんに投票します。
/、<>は実際には半角です。

役割は大まかに村人サイドと人狼サイドにわかれています。今回は以下の役割を使用します。

村人、人狼、予言者、霊媒師、狩人、狂人、共有者、パン屋、妖狐

基本的に人狼以外は村人サイドになりますが、狂人は村人でありながら人狼サイドに属します。
また、妖狐は村人にも人狼にも属さない第三勢力になります。

村人は一般人です。特殊な能力はありません。ゆさぶりをかける目的で嘘をついたりは出来ますが、役割を騙ることは出来ません。

人狼は普段は村人として暮らしていますが、夜になると正体を現し、一晩に一人、村人を喰い殺すことが出来ます。また、身分を騙ることも許可されます。人狼になった人は人狼用のLSに入ってもらいます。

予言者は村人の一員です。夜間、占いによって指定した人物が人狼か否かを判定することが出来ます。身分を明かし、判定結果を翌日の話し合いで知らせるも黙っているのも自由です。判定結果に関して嘘をついても構いません。

霊媒師は村人の一員です。夕刻に処刑された人物が人狼であったか否かを知ることが出来ます。身分を明かし、その結果を知らせるも黙っているも自由です。判定結果に関して嘘をついても構いません。

狩人は村人の一員です。夜間、指定した人物を護ることが出来ます。指定した人物が人狼に襲われた場合これを追い返すことが出来ます(退治は出来ません)。誰を護ったかなどに関して嘘をついても構いません。

狂人は村人の一員ですが、人狼に味方しています。身分を騙ることを含む嘘をつくことが出来ます。村人としてカウントされますが、人狼側の勝利が狂人の勝利となります。

共有者は村人の一員です。特別な力などはありませんが、もう一人の共有者の名前を事前に知ることが出来ます(その人が村人であることを最初から確定することが出来ます)。

パン屋は村人の一員です。毎朝おいしいパンを焼いてくれます。

妖狐は長い年月を経て妖となった狐で、身分を騙ることを含む嘘をつくことが出来ます。人狼に襲われても死にませんが、予言者に占われると死亡します(判定は村人になります)。妖狐は村人、人狼いずれにもカウントされず、いずれかの陣営が勝利判定された際に生き残っていれば妖狐の勝利となります。
但し、妖狐は初日朝の占い後に発生するため、最初の占い結果で死亡することはありません。

「騙り(かたり)」について補足です。例えば霊媒師が「私は予言者です」というように別の役割を主張することは禁止されます。但し、「あなたは霊媒師ですか?」といった問いかけに対して「違う」と回答することは許可されます。

どの陣営にせよ、死んでしまった場合は死者用のLSに入ってもらいます。死者はこのLSでのみチャット可能です(sayも不可となります)。基本的には内容自由ですが、自分の役割など含めネタバレしないほうが推理を楽しめて良いかもしれません。

最後に各陣営の勝利条件です。
全ての人狼を処刑することに成功した場合、村人の勝利判定となります。

村人の数(人狼/妖狐以外の人数)と人狼の数が等しくなった場合、人狼の勝利判定となります。

どちらかの勝利条件が確定した際に、妖狐が生き残っていた場合、妖狐の勝利となります。妖狐が生き残っていなければ勝利判定となった陣営の勝利です。

ルール説明は以上になります。何か質問があればsayでお願いします。


それでは役割を決定します。村人以外の方にはtellで通知しますので、うっかりこぼさないようご注意下さい。自分の役割について質問がある場合は、*役割決定後*、tellでの質問を受け付けます。

例外として、妖狐だけは初日の占い後に「突然憑依」として役割が決定されます。ゲーム進行中に妖狐に憑依された方にはその時点でtellで通知します。

役割が決定しました。tellのなかった方は村人になります。こちらも同様、うっかりこぼさないようご注意下さい。
自分の役割について質問がある方はtellで受け付けます。

それではゲームを開始します。
posted by Punish at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389640087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック