2016年08月31日

新生祭2016で大いに悩む

punish_mainimage_s.jpg

祝・新生三周年! おめでとう!ありがとう!

サービス開始や拡張発売を待つ間は長く感じたものですが、こうしてみるとあっという間の三年だったという気もします。

14時間放送の日はがっつり仕事だったのでタイムシフトで追っかけ視聴しているところですが、取り敢えず水槽!思ったよりも期待出来そうな仕様でより楽しみになりました。

アレキの結末もサブストーリー二種も気になりますが、まだまだやる事は多いのでいつも通りの日々を過ごしつつ、あと一ヶ月弱を過ごしたいと思います。

絶狼の新TVシリーズも楽しみ!
絶狼のパートナーである、魔導具シルヴァの声はアシエン・イゲオルムなのでみんなも是非視よう。


──────────────────────────────────────
閑話休題
以下2016年の新生祭イベントの内容と、大迷宮バハムートのネタバレをほんのり含むので念のため。




今回の舞台は人形劇、第七霊災を戦った光の戦士の物語ということで、レガシー的には自分で自分を演じるという面はゆい展開です。

20160830_01.jpg

最初二つの選択肢はさくっと答えて、この選択肢が出たところで固まってしまいました。

劇を成功させてクエストを完了させるにはたぶん上が正解。
でも違う、そうじゃない。あの日あの時、バハムートを退けたのはボクじゃない。

PC前で10分悩み、それでも答えを出せずに洗い物やら何やらで二時間ほど時間を潰して、結局下を選びました。「なんだっけ……!?」思いを託され未来に飛ばされただけのあの状況にはこちらのほうが相応しい。


……クエストは進行せず、劇からやり直しになっただけに終わったわけですが。

一番最初に心の思うままの選択をしたおかげで、その後は割とすっきりした気持ちで全てのパターンを確認することが出来ました。

有名なあの台詞が出てきたりしたので、FF9の冒頭劇オマージュでもあるのかな。


20160830_02.jpg

ところでネール役の声優さんがネールに似てるのは狙ってますよね。流石にガレアン種族は出せないでしょうからエレゼンですが。


──────────────────────────────────────
20160830_03.jpg

恒例のぼむ踊り大会。
今年は二重の輪になって踊ったわけですが、実に"らしい"絵になってますよね。
夜間に撮っておけばもっとよかったかなー。

20160830_04.jpg

ぼむ踊りからもう一枚。
集合SSのぎっちり感はやはり良いもの。毎度思うことですが、そろそろ……4.0で表示人数上限を上げる設定が追加されたりすると嬉しいのですよ。よ。


20160830_05.jpg

こちらも恒例、SoLのホームパーティから。
SoLの家は行くたびにお庭も内装もガラっと変わっていて、それを見るのも楽しいです。
posted by Punish at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

うううらやましくなんかあるわー!

ボクは牙狼シリーズが好きで結構みてるのですが、数ある魔戒騎士の中でも一番好きなのは絶狼なんですよ(見た目と戦闘スタイル的に)。

silver_s.jpg

どのくらい好きかっていうとVAIO Z Canvasのワイヤレスキーボードに魔導具シルヴァの蒔絵を貼り付けて使ってたり、昨年の14時間放送座談会で絶狼風装備とスキルを双剣に追加して欲しいと直談判してたりするくらいです。

そしたら今年の14時間放送には絶狼の外の人中の人がそろってゲスト出演するというではないですか。

ええええ何それちょー生で見たいー!
参加者うらやましいいいいいいいいいいい!

いいなあ!いいなあああ!


それはそれとしてご本人様らには是非改めて絶狼風装備とスキルの追加をお願いしていただきたい。


──────────────────────────────────────
20160819_01.jpg

耳が増えました。
posted by Punish at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

怪談会2016 終了しました!

8/6に行われたMasamune怪談会2016、無事終了しました。

毎回語り手不足を心配するものの、蓋を開けてみると想定以上に集まるということを毎年繰り返してきましたが、今年も飛び入りを含め10人以上の語り手が集まったようです。

何故「ようです」かと言えば、ボクは翌日早起きのため途中までしか参加出来なかったからですはたらきたくないでござる

そんな状況で語ったボクの創作怪談はこちらにアップしてあります:
 →「私の為した全てを」

実は少しわかりづらいかなぁと思って、語っている最中にもちょこちょこ内容修正してたりしました……。

また、例年通り今回の怪談会で語った内容も各語り手さんにログアップしていただいて怪談会インデックスにまとめています。全員がとはいかないと思いますが、アップされ次第順次追加していきますのでこちらも併せてご覧下さい:
 →怪談会インデックス


20160810_01.jpg

怪談会も今年で6回目となりますが、今回はハウジングで家を作り込んで会場とする初の試みが行われました。

いつか家でやりたいねとは話しておりましたが、まさかこのためにLハウスを買ってしまうとは思いませんでした。てっきりFCハウスを使うものかと。ぶるじょわくまー。

懸念していた入室人数制限のほうはだいたい90人前後が常時室内にいて、演出のためのキャラ変更で入退室を繰り返すということも問題なく出来ているようでした。ハウジングサーバの利用状況次第で制限人数は増減するそうなので断定は出来ませんが、これなら今後も同形態で開催出来そうですね。

調光機能を駆使した演出やオーケストリオンによるBGM変更も出来るので、ハウジングでの怪談会、実にイイです。


それにしても、6年ですよ。
一番最初は、とらさんが現FCの前身であるリンクシェルで百物語のようなことをやってみたいと言い出したのがきっかけだったと記憶しています。

当時モードゥナにあったキャンプ・ブリトルバークの焚き火をLSメンバー数人で囲み、持ち寄った怪談を語り合うという本当に内輪だけの小さなあそび。これはもっと人を集めてやったら楽しいんじゃないかと、お試しで開催したのが最初の怪談会でした。

それから6年、6回目。毎年欠かすことなく開催出来ているのはしあわせなことだなぁと思います。
この先どれだけ続くのか、続けられるのかはわかりませんが、さておき。

お憑かれさまでした!

──────────────────────────────────────
ほかにもいろいろ参加しています。

20160810_02.jpg

Gorillaさん主催の「太陽の舞にほえろ」から一枚。
前回もそうでしたが、この手のあそびは現地飛び入りで参加してくる人がいるのが面白いですよね。

そして/eurekaの相性の良さよ…!


20160810_03.jpg

こちらはC'yathさん主催の釣りすごろく。
初のリムサ以外での開催で、これが天候や時間で釣果傾向が変わって面白い!

スプーンワームが装備出来る漁師30以上が必要(これ以下の餌では釣れる魚が絞れてしまう)と若干ハードルは高いのですが、今後も活用出来そうなステージでした。
posted by Punish at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする