2016年05月23日

懐かしき、あの場所へ

「フィールド・オブ・グローリー」というコンテンツ名を見て気になってはいたのですが。

20160523_01.jpg

PLLでコンテンツ紹介動画が流れた瞬間に飛び込んできたこの景観を見て、ああ……と思いました。左右に見えるこの建物は、全く同じと断言出来ぬまでもなんとなく既視感のあるこの配置は、ここはアウルネストではないか、と。


20160523_02.jpg

マップを開けば南のほうにしっかりとアウルネストの文字が確認出来ます。追加された漢字一文字は"跡"でしょうか。

三箇所ある開始ポイントのうち南がアウルネスト、北西がキャンプグローリー、北東がダークスケール湖畔のよう。そう、ここはかつて旧FF14に存在していた、クルザス東部低地だったのです。ですよ。

フィールド・オブ・グローリーは同地に存在するキャンプ・グローリーを中心とするエリア一帯の名前でした。


20160523_03.jpg

キャンプ・グローリーのエーテライトがあった辺りにはアラガントームリスが立っており、なんとなく当時の面影を感じます。


20160523_04.jpg

こちらはかなり引いた画面でのダークスケール湖畔。右下に見える水場が恐らくダークスケール湖でしょう。

あの頃はまさか、ダークスケールそのものと戦える日がくるとは思ってもみませんでした。竜騎士クエストでちらと語られるニーズヘッグよりも伝説的な存在に思えたものです。


20160523_05.jpg

こちらが旧FF14におけるクルザス東部低地のマップ(出典:エオルゼア通信Vol.1|2011 Summer)で、元画像では採番されていなかった8番がアウルネストのあった場所になります。

マップを見比べてみると、右側に45度くらい傾けたような配置になっているようですね。新生で黒衣森が中央高地に直通するようになったためか、トールダン騎道を含む西側、風車丘陵や棘の泉は省略されてしまった模様。

カルテノー平原しかり、シールロックしかり、フロントラインのマップにはかつて設定だけは存在したエリアや新生でなくなってしまったエリアが採用される方向性なのかな。

懐かしの東部低地を再訪出来るのは勿論嬉しいのだけれど、パブリックフィールドでの再実装の芽が潰えたということでもあって若干寂しくもあります。

霊災を経て同地がどのように変貌したのかじっくりと観光してみたいところですが、流石に無理だろうなー。


──────────────────────────────────────
20160523_06.jpg

今まで地下私室にあるバスルームはパーティションで区切り、トンベリに門番させるだけで入り口あけっぱだったのですが、いつの間にか追加されていたマホガニーパーティションドアを設置してみました。

凄い!これはいい!ちょー自然!ちょー!

意味もなく無駄にばったんばったんしてしまいます。これはいいものだ。


ただですね。
20160523_07.jpg

地下の天井照明にはシーリングファンライトを採用しています。
これにはバスルームから生じる湯気を換気するという明確な意図がありました。

いくらかき回しても排気する構造が実際にはないのですが、そこは脳内補間で乗り切っていました。


20160523_08.jpg

しかし今回のドア設置によりバスルームは密閉されて、かき回す意味もほぼなくなってしまいました。

うーん、まぁいいか!


──────────────────────────────────────
20160523_09.jpg

予約していたファットキャットとグゥーブーぬいぐるみが届きました。
グゥーブーが思った以上にボリューミー。


──────────────────────────────────────
20160523_10.jpg

FF11でウェルカムバックキャンペーンをやっていたので、とてもとても久しぶりにヴァナ・ディールへ。ログインポイントを溜めて蟹マウントに乗る事が出来たので割と満足。

為三  為三 為三

著名NPCをフェイスとして呼び出して疑似パーティを組むことが出来るのもなかなか良いですね。いろいろとカジュアル指向な調整がなされているのは知っていましたが、都合3〜4時間ほどで特に乱獲などもせずレベル37だった赤が57まで上がったのは流石に驚きでした。

改めて暫く遊んでみて、やっぱりボクは14のがあってるなとは思うのですが、再訪が苦にならないゲームになったなあという印象を強く感じたウェルカムバックキャンペーンでありました。


20160523_11.jpg

それにしても、シャントット様はどこへ向うのか。
posted by Punish at 13:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

愛のイシュガルド劇場 phase2

このヒーラー用セットはミラプリ実装ほどなく作ったものですが、聖府軍ジャケットと種族手、アラガン脚の組み合わせは自分的に鉄板の組み合わせだと思っています。

とは言えずっとこの格好だし、そろそろ変えたいなぁとは思いつつピンとくる新装備が出ずに時は流れ……。

20160502_00.jpg

実に二年以上の時を経て、イコンクロスの登場で遂に!漸く!見た目に最も支配的な胴部位を変更することが出来ました。

基本的なシルエットは踏襲しているので相変わらず引き摺ってはいるのですが。


──────────────────────────────────────
閑話休題。

ひと頃話題にもなり、コミュニティ放送か何かでちらと触れられもしたのでご存じの方も多いと思いますが、イシュガルド上層のゼーメル伯爵邸前では無名のNPC達によるドラマが繰り広げられています。

貴族のボンボンと、それに付き従う女性。
恐らくは政治的理由により定められた貴族どうしの縁組み。一人残り顔を曇らせる女性のもとへ現れたのは平民の男。曇り顔を晴らそうと声をかけ慰めてみたものの、力無き平民には何することも出来ず悶々とするばかり……。

というのが最初のお話でした。

最近あまりイシュガルドに立ち寄らないので気付いてませんでしたが、最近のパッチ(3.25か26あたり?)でこのお話に進展があったようなのです。ていうかありました。


この先は新規分のネタバレになります。


20160502_01.jpg

新たな物語は平民の男と貴族の女性が楽しげに下層からのぼってくるところから始まります。デートか!デートなのか!悩んでた割には結構アグレッシブだな!平民!

そんなアグレッシブな平民の「今夜0時に建国十二騎士像の真下で待つ」という言葉に、再び思い悩むお嬢様。

そのままじっと眺めていても、いっこうに決断する気配がありません。


20160502_02.jpg

それなら実際に0時に待ち合わせ場所で待っていれば現れるかと、二人の愛を祝福すべく詩人ギルバートと一緒に張り込む待つこと数十分(地球時間)。


20160502_03.jpg

ぱに:誰も来ないね……
ギルバート:来ませんね……
ぱに:続きは次のパッチかなぁ。



???:ぱに太くんはほんとうにばかだな


ぱに:こ、コチャえもん!!


20160502_04.jpg

こちゃ:真下って行ったら階段下じゃなくてこのトンネルに決まってるだろ?


!!!


……というわけで、録画していた真田丸を見ながら更に待つこと数十分。


20160502_05.jpg

なんか出たー!!

お嬢様の家の家臣なのか、あるいはボンボンのとこの手のものかはわかりませんが、二人の逢瀬を覗いているようです。


20160502_06.jpg

正直、男が待ちぼうけという展開を予想してたのですが、かたく抱き合う二人を見ると応援せずにはいられませんね。

駆け落ちも成功することを願ってやみません。

しかしそうなると、あっちで覗いてるあいつ、邪魔だなあ。


20160502_07.jpg

こいつ消せばいいかな。


いいよね。
posted by Punish at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする