2015年12月28日

トンベリルームランプ討滅戦

モックアップが公開されたときから、これだけは絶対欲しいと思っていたアレが遂に正式に登場したそうなんですよ。

なのでちょっと遠征して頑張ってきました。

tonberry.jpg

序盤の削りは順調でしたが、中盤以降のDPSチェックが厳しい……。

何度もリトライを繰り返して、結局超える力<助けて店員さん>20%ほどついたところでなんとか勝利することが出来ました。

かかった金額は聞かないでください。

いわゆるダチョウメソッドではないです。
かかった金額は聞かないでください。


聞くな。
posted by Punish at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

あの鐘を鳴らしたのはボクら

アニマウェポンの狂騒のなか、ひっそりと星芒祭が始まっています。

イシュガルドの衛兵は、子どもたちを招く際、兵舎に備えられていた起床鐘に細工をし、曲を奏でることで、子どもたちに知らせていたというのです。寒空に響く鐘の音は、子どもたちに加え、周囲の大人たちにも笑顔をあたえたといいます……。ですが、「星芒祭」が祝祭として定着するにともない、この風習も失われていきました。

グリダニアの実行委員から話を聞いていて、これはひょっとして"あの鐘"のことではなかろうか、と思ったのです。


20151221_01.jpg

果たして、旧FF14初期からのプレイヤーには思い出深い"あの鐘"が復刻されたのです!

旧FF14のサービスが開始されてから、開発運営体制の刷新がある程度落ち着くまでの期間に開催されたシーズナルイベントでは必ずといっていいほど登場していたのがこの鐘でした(装飾はイベント毎に微妙に違っていましたが)。

地球時間で四時間に一回、調べることで鐘を鳴らして、数種類のアイテムからランダムに1つだけ手に入る。それを使って料理や防具を作ったり、あるいは数を集めて装備品と交換してもらう。これが当時のイベントのテンプレートです。

イベントとしては正直微妙、悪い意味で印象に残っているのも確かですが、なんだかんだでネタにしやすく、愛されてもいるのがこの鐘なのではないでしょうか。


20151221_02.jpg

クエスト進行中に登場した小型の鐘は、少しずつ凝ったシーズナルイベントが開催されるようになってから登場したもの。/throwの前身となったイベント期間限定emote、/snowballで雪玉をぶつけて鳴らすことが出来るオブジェでした。

こうして新旧並べてみるとモーションの違いが面白いです。旧モーションは今のものより全力投球!という感じ。

こうやって復刻された鐘を見ていると、どうせなら庭具にして欲しかったなぁと思います。大型は調べると、小型は/throwを当てることで鐘が鳴るギミック付きで。どうかな。どうかなー。


──────────────────────────────────────
20151221_03.jpg

そしてこちらもアニマウェポンの陰に隠れた感のある聖アンダリム学院クエスト。

見た瞬間にこれは絶対に全Lynfaさんが萌えたと確信したブレジーさん。これで実は黒幕でしたという展開もなくはないと思うのですが、そういうのはファルコムのゲームでおなかいっぱいなので是非このままの貴方でいて頂きたい。

隣にいるこの名も無き人も気になるんですよね。ジャンシェトと一緒だった初登場時をのぞくと、以後のシーンでは常にこの人が横にいます。そんなに睨まないで下さい。

ヒルディのようなコメディ要素こそ殆どありませんが、ただのチャラ男に終わらなかったかぷかぷ笑いそうなあの人など印象的なキャラが多く、続きがとてもとても気になる内容でした。
posted by Punish at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

月に吠えるケモノ

ゴールドソーサーが実装されてから約10ヶ月。
ジャンボくじテンダー一等をほんのり期待しつつ、こつこつ貯め続けていたMGPが100万に達しました。

20151213_01.jpg

ついに念願の フェンリルを 迎え入れたぞ!

気高く雄々しいこのフォルムはやはり格別です。現状は対応していないフライング化も検討中だとか!

翼が生えたりはイメージではないので、デザインベースになったと思われる11のフェンリルのように空を走るように飛び回ってほしいところ。あと"遠吠え"も是非お願いしたい。あおーんってやりたい。あおーん。


次の目標は新作ダンスに、それから亀マウントかな。LoVMにもようやく手を出し始めたので、それらを楽しみつつ集めていこう。
posted by Punish at 16:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

広き視野を持て!

弧を直線に投影する3Dグラフィクスの特性上、映像両端の歪みは幅の比率が広がれば広がるほど大きくなります。それが理由でウルトラワイド液晶が好きではなかったのですが、21:9程度ならそこまで気にするほどでもないし視野が広がるメリットのほうが大きいのでは?と最近考えが変わってきました。

そんな折りに始まったジュラルミンの予約は悩んでいるうちに完売。


ならあっち買うかー。

……というわけでDellの29インチウルトラワイドディスプレイ、U2913WMを買いました。高解像度と曲面構造が魅力のU3415Wにも惹かれたんですが、実運用を考えると流石に大きすぎたので断念。


20151205_01.jpg

早速換装してHUD等を煮詰めておりますが、この視野の広さはやはりイイ。やや小さめにしておけば、マップを横に表示したままでも邪魔にならないのもイイ!ですね。

これまでのメインディスプレイをサブ用に差し替えたので、そちらの解像度も1680x1050からフルHDへと広がりました。


20151205_02.jpg

先日行われたプレイヤーズミーティング 2015 Winterも広々視野での観覧です。

一般アピール枠も様々で楽しかったのですが、特集枠がとにかく凄かった。

攻略サイトという性格もあるとは思いますが、ゲスト三方のサイトはどこも機能性とデザイン性にこだわっていて、そのお話の内容はまるでWeb開発セミナーを聴いているかのようでした。

まさかFF14インゲームのユーザー交流イベントで、AWSのEC2インスタンスだの、LAMP構成だの、Pythonだのの単語が飛び交うことになろうとは……!



ところでジュラルミンは二次生産分の予約が始まったようです。
でも発送来年6月、6月かー。
posted by Punish at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

白竜さんにMIPを捧げる

20151130_01.jpg

ある程度落ち着いてからじっくり進めようと思っていた3.1実装分のメインクエをようやく終わらせました。決して長くはないものの、濃密な内容で面白かった!

あの人がラストレムナントの領主様みたいになっていて驚きましたが、それはさておきヴィゾーヴニルがかっこよすぎました。

うわあああ流石にそれはきついきついきついあああああああやめて止めてえええええ、というタイミングでのあの登場!

惚れるわー。


20151130_02.jpg

ただかっこいいだけでなく、こんな細かな気配りも出来るヴィゾーヴニルさん。
惚れるわー。


伏線コンビ・ウリ&エリからはまた新たな単語が出てきました。創生の真実が綴られているという禁書「ゲルンの託宣」。

そもそもこれまで、創生神話的なものってFF14に関しては殆ど語られていない(主に語られてきたのは神々の時代が終わったとされる第一霊災以後)と思うのですが、いよいよそこに踏み込んでいくのでしょうか。

アシエン絡みはイヴァリース由来が多い、というわけで、"ゲルン"はオキューリアの王様が元ネタのようです。12は結構がっつり遊んだはずなんですがすっかり記憶から抜けておりました。

これを知ったのはこちらの日記の記述からなのですが、この方は過去の日記でウヌクアルハイ=蛇の首についても早期から言及していて、遡って読むととても興味深いです。

ボクはウヌクアルハイとエリディブスの関連性について、イコールで結ぶと矛盾が生じすぎる懸念もあって「あまりにも直線的すぎてミスリードなのでは」と疑ったわけなのですが、そうか、エリディブスの下につくものと考えると無理も矛盾もなく描けそうですよね。

シニカルな印象が強く、ラハブレア配下の四助祭のような厚い忠誠心もなさそうで、仮にエリディブスとプレイヤーがより明確に敵対したり、なんだったら討滅してしまっても、「まぁそれはそれで」という感じで極蛮神クエに絡んできそう。

アリゼーと思しき人物については、2.5終盤〜3.0序盤の時点で既に、バハ攻略度によっては兄妹の印象がちぐはぐになっていたので、あまり深く追及はせず普通にしれっと出てくる気もするなー。

──────────────────────────────────────
スカアハの名からの連想で、シャドウ・オブ・マハシリーズで今後クー・フーリンが出るのかも、と書きました、が、実はもう既に出てたようなんです。

その名はキュクレイン

クー・フーリン:"Cú Chulainn"の英語読みでキュクレインらしいです。な、なんてこったー。

言われてみれば納得というか、スペルそのまんまやないのーという感じですが、あまりにもイメージが違い過ぎて思い浮かびもしませんでしたよ。

ゲイボルグを担いだ竜騎士24人で挑戦したいなんて書きましたが、常時DoTのキュクレイン戦でヒーラー無しはかなりきつそう。ていうか無理そう!

とはいえ世の中すごい人も多いので、そういう人らが集まったらいけちゃったりするのかなー。
posted by Punish at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする