2016年09月21日

ぱにの妄想帳:ハイデリンの行動原理から考える

突然ですが、ボクは世界設定にまつわるお話をいろいろ読んで妄想するのが大好きです。

考察とか検証とか、そういう大それたものでなくあくまでも妄想。旧14時代はいろいろな妄想を重ねてブログやlodestoneに書き散らしたものでしたが、生活サイクルが変わったこともあって最近はさっぱりでした。

かつてほどのペースでは書けないにしても、また妄想したいなーと、設定にまつわる話以外にもしてる妄想なんかも書こうかなーと、そんな感じで日記内カテゴリ「ぱにの妄想帳」を始めてみようと思い立ちました。

クロの空想帳と語感がかぶってしまったのは本当に偶然です。
あと、基本的にぐだぐだと長いです。

──────────────────────────────────────
そんなわけでぱにの妄想帳、今回はハイデリンの行動原理について、等。
内容的には、パッチ3.2クリアあたりまでのネタバレを含む可能性があります。




常々語っていたことではありますが、ハイデリンさんて所々酷いと思うんです。


20160921_01.jpg

最初にそう感じたのはアルテマウェポン撃破後、サンクレッドを乗っ取ったラハブレアとの戦闘中でした。

「私を倒すとサンクレッドも死ぬよ(要約)」と、小物臭たっぷりの悪党台詞をはいたラハブレアに対しハイデリンはこう応えます。

「光の意志を持つ者よ……。
  闇の言葉に惑わされてはなりません……。」
「闇の力を打ち砕くのは、光の力のみ。」


「つべこべ言わずやっちゃいなさい(意訳)」という感じで、サンクレッドのことは割とどうでもよさそうです。

言われなくても光の戦士たちは攻撃する手を緩めない気もしますがそれはそれとして。

その後もムーンブリダピンチの際にはミンフィリアの呼びかけをガン無視し、その一方で(戦勝祝賀会からの逃走中に)自分が必要なときには呼びつける。あまりにも身勝手ではなかろうかと思いました。

今となって見るとムーンブリダとその後の件はハイデリンの力が弱まっていたことが理由の一つと想像出来るのですが、それだけではやはり釈然としません。

ハイデリンはなんでこうなのだろうと考えると、恐らく生命の死というものに頓着していないからだと想像します。全ての生命はエーテルから生まれ、エーテルに還る。ハイデリンにとって死は別れではなく、エーテルへの回帰、再会である。

だから器が壊れ、生命として死のうとも気にすることはない。人としての感情で言えば納得しきれるものではありませんが、こう考えればハイデリンの行動にも理解は出来ます。

一方、ゾディアーク陣営、アシエン達の考え方はどうでしょう。
器が壊れ、生命として死ぬことに頓着してない点では実は一致しています。違うのはそのあとで、魂はエーテルに還ることなく、不滅なる者として在り続けるべきだということ。

全ての生命はエーテルに還るとはいっても、ヤ・シュトラの一件等を鑑みるに、少なくとも一定期間は完全に星の海に溶けることなく、人格・個性といったものを残した状態で漂っていると考えられます。

これを一段進めて、自我のある個体として定着させ不滅なる者となる。魂だけの存在となっても人は人であり続け、エーテル循環の輪から解放されることこそがアシエンの言う、"人たる者"への進化なんじゃないでしょうか。

これだけを考えると、人の一人であるボクとしてはアシエン側の考えた方に傾きそうにもなるのですが、アシエンは蛮神=エーテルを無尽蔵に喰らい続ける存在の召喚を推し進めていることを忘れてはならないと思います。

"人たる者"へと進化を果たすのはごく一部の人だけであり、それ以外の生命は生まれることすら無い。仮にアシエンの目論みが成立したとしたら、そんな世界が訪れるのではないだろうか、と。

ここからゾディアークはどんな存在なのかとか、ゾディアーク=闇を月へ追いやったら光が世界に氾濫することになってそれはそれでやばいのでは(闇の戦士の動機はこの辺ではないか)とか、いろいろいろいろ妄想が広がっていくんですが、流石に長くなりすぎるので今日の妄想はここまで。


パッチ3.4ではハイデリンや世界そのものに関わるお話も出てくるのだとか。ボクの妄想が少しでもかすっているのかいないのか(大体かすりもしない)、その辺りが判明するかも含めて楽しみです!
posted by Punish at 14:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

新生祭2016で大いに悩む

punish_mainimage_s.jpg

祝・新生三周年! おめでとう!ありがとう!

サービス開始や拡張発売を待つ間は長く感じたものですが、こうしてみるとあっという間の三年だったという気もします。

14時間放送の日はがっつり仕事だったのでタイムシフトで追っかけ視聴しているところですが、取り敢えず水槽!思ったよりも期待出来そうな仕様でより楽しみになりました。

アレキの結末もサブストーリー二種も気になりますが、まだまだやる事は多いのでいつも通りの日々を過ごしつつ、あと一ヶ月弱を過ごしたいと思います。

絶狼の新TVシリーズも楽しみ!
絶狼のパートナーである、魔導具シルヴァの声はアシエン・イゲオルムなのでみんなも是非視よう。


──────────────────────────────────────
閑話休題
以下2016年の新生祭イベントの内容と、大迷宮バハムートのネタバレをほんのり含むので念のため。




今回の舞台は人形劇、第七霊災を戦った光の戦士の物語ということで、レガシー的には自分で自分を演じるという面はゆい展開です。

20160830_01.jpg

最初二つの選択肢はさくっと答えて、この選択肢が出たところで固まってしまいました。

劇を成功させてクエストを完了させるにはたぶん上が正解。
でも違う、そうじゃない。あの日あの時、バハムートを退けたのはボクじゃない。

PC前で10分悩み、それでも答えを出せずに洗い物やら何やらで二時間ほど時間を潰して、結局下を選びました。「なんだっけ……!?」思いを託され未来に飛ばされただけのあの状況にはこちらのほうが相応しい。


……クエストは進行せず、劇からやり直しになっただけに終わったわけですが。

一番最初に心の思うままの選択をしたおかげで、その後は割とすっきりした気持ちで全てのパターンを確認することが出来ました。

有名なあの台詞が出てきたりしたので、FF9の冒頭劇オマージュでもあるのかな。


20160830_02.jpg

ところでネール役の声優さんがネールに似てるのは狙ってますよね。流石にガレアン種族は出せないでしょうからエレゼンですが。


──────────────────────────────────────
20160830_03.jpg

恒例のぼむ踊り大会。
今年は二重の輪になって踊ったわけですが、実に"らしい"絵になってますよね。
夜間に撮っておけばもっとよかったかなー。

20160830_04.jpg

ぼむ踊りからもう一枚。
集合SSのぎっちり感はやはり良いもの。毎度思うことですが、そろそろ……4.0で表示人数上限を上げる設定が追加されたりすると嬉しいのですよ。よ。


20160830_05.jpg

こちらも恒例、SoLのホームパーティから。
SoLの家は行くたびにお庭も内装もガラっと変わっていて、それを見るのも楽しいです。
posted by Punish at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

うううらやましくなんかあるわー!

ボクは牙狼シリーズが好きで結構みてるのですが、数ある魔戒騎士の中でも一番好きなのは絶狼なんですよ(見た目と戦闘スタイル的に)。

silver_s.jpg

どのくらい好きかっていうとVAIO Z Canvasのワイヤレスキーボードに魔導具シルヴァの蒔絵を貼り付けて使ってたり、昨年の14時間放送座談会で絶狼風装備とスキルを双剣に追加して欲しいと直談判してたりするくらいです。

そしたら今年の14時間放送には絶狼の外の人中の人がそろってゲスト出演するというではないですか。

ええええ何それちょー生で見たいー!
参加者うらやましいいいいいいいいいいい!

いいなあ!いいなあああ!


それはそれとしてご本人様らには是非改めて絶狼風装備とスキルの追加をお願いしていただきたい。


──────────────────────────────────────
20160819_01.jpg

耳が増えました。
posted by Punish at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

怪談会2016 終了しました!

8/6に行われたMasamune怪談会2016、無事終了しました。

毎回語り手不足を心配するものの、蓋を開けてみると想定以上に集まるということを毎年繰り返してきましたが、今年も飛び入りを含め10人以上の語り手が集まったようです。

何故「ようです」かと言えば、ボクは翌日早起きのため途中までしか参加出来なかったからですはたらきたくないでござる

そんな状況で語ったボクの創作怪談はこちらにアップしてあります:
 →「私の為した全てを」

実は少しわかりづらいかなぁと思って、語っている最中にもちょこちょこ内容修正してたりしました……。

また、例年通り今回の怪談会で語った内容も各語り手さんにログアップしていただいて怪談会インデックスにまとめています。全員がとはいかないと思いますが、アップされ次第順次追加していきますのでこちらも併せてご覧下さい:
 →怪談会インデックス


20160810_01.jpg

怪談会も今年で6回目となりますが、今回はハウジングで家を作り込んで会場とする初の試みが行われました。

いつか家でやりたいねとは話しておりましたが、まさかこのためにLハウスを買ってしまうとは思いませんでした。てっきりFCハウスを使うものかと。ぶるじょわくまー。

懸念していた入室人数制限のほうはだいたい90人前後が常時室内にいて、演出のためのキャラ変更で入退室を繰り返すということも問題なく出来ているようでした。ハウジングサーバの利用状況次第で制限人数は増減するそうなので断定は出来ませんが、これなら今後も同形態で開催出来そうですね。

調光機能を駆使した演出やオーケストリオンによるBGM変更も出来るので、ハウジングでの怪談会、実にイイです。


それにしても、6年ですよ。
一番最初は、とらさんが現FCの前身であるリンクシェルで百物語のようなことをやってみたいと言い出したのがきっかけだったと記憶しています。

当時モードゥナにあったキャンプ・ブリトルバークの焚き火をLSメンバー数人で囲み、持ち寄った怪談を語り合うという本当に内輪だけの小さなあそび。これはもっと人を集めてやったら楽しいんじゃないかと、お試しで開催したのが最初の怪談会でした。

それから6年、6回目。毎年欠かすことなく開催出来ているのはしあわせなことだなぁと思います。
この先どれだけ続くのか、続けられるのかはわかりませんが、さておき。

お憑かれさまでした!

──────────────────────────────────────
ほかにもいろいろ参加しています。

20160810_02.jpg

Gorillaさん主催の「太陽の舞にほえろ」から一枚。
前回もそうでしたが、この手のあそびは現地飛び入りで参加してくる人がいるのが面白いですよね。

そして/eurekaの相性の良さよ…!


20160810_03.jpg

こちらはC'yathさん主催の釣りすごろく。
初のリムサ以外での開催で、これが天候や時間で釣果傾向が変わって面白い!

スプーンワームが装備出来る漁師30以上が必要(これ以下の餌では釣れる魚が絞れてしまう)と若干ハードルは高いのですが、今後も活用出来そうなステージでした。
posted by Punish at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

怪談会のお誘いだったり死者の呼び声だったり境界を越えた闘神さんだったり

タイトルが長いけど本文も長いです。

いよいよ来週土曜日、Masamune怪談会2016が開催されます。

開催日時:2016年8月6日(土) 21時半頃〜
開催場所:ゴブレットビュート10区13番(Beatrice Beatrix宅)
kumamap.jpg

ゴブレットビュートの10区に入ったら都市内エーテライトでゴブレットビュート西へ飛び、赤い矢印のルートで進んだ場所になります。

旧14時代の初開催から数えて6回目となる今回、初の試みとなるハウジングエリアでの開催です。家には入室出来る人数に上限があり、しかもサーバ側の状況によって上限が変化する(らしい)のでどれだけ室内に入れるかなんとも言えないのですが、進行自体は専用のLSで行う予定です。

──────────────────────────────────────
20160719_01.jpg

死者の宮殿、楽しいですねー。

気ままにわいわいFCメンバーやフレどうして行く固定パーティ、黙々さくさくと進むマッチングパーティ、より攻略性の強いソロでの挑戦とそれぞれ違った感覚で遊べるのがとてもイイ。

エッダが普通に幸せになる道はタムタラハードの時点でもうないと思えていたので、せめて魂安らかに眠ることが出来たであろう今回の物語には救われた気がしました。

一方通行の想いではなく、ペアの指輪を交換し、酔って無くしたとは言えちゃんと探すつもりがあった程度にはアヴィールも彼女を想っていたのだと、そう思えたのは本当に良かった。


20160719_02.jpg

三回ほど50階踏破を達成して、武器+27/防具+24くらいまで行きました。

武器完成のためにひたすら周回!とかしはじめるときっと疲れてしまうので、ほどほど気ままに遊んでいる割にはなかなかの進捗。

各階層で音楽がランダムに選ばれるのもとてもイイ。旧黒衣森BGM(アクアポリスで譜面が手に入る「冥き地の底に」ではなく、初期BGMである「黒衣の迷宮」)が流れた際は生粋のグリダニアっ子的にテンションが上がりました。

あとはセーブスロットが3つ、出来れば4つあると融通がきいてよいのですが!


20160719_03.jpg

角尊の新顔、エ・ウナ・コトロの今後にも期待したいのですが、そこはオ・アパ君の常設でも良かったんじゃないの!?と思わなくもないです。

闘神調査でクォーリーミル来てたじゃないですかー!!


20160719_05.jpg

ソロでの挑戦中、地下15階という浅い階層の銅箱から土器片が出ました。

確かに出ることがあるとはパッチノートに書かれていましたが、都市伝説レベルの確率且つ深い階層でないと出ないだろうと思い込んでいたのでびっくりです。


20160719_06.jpg

更にもうちょっと進んだ先で、エ・マナファと出会いました。
ドールラス・ベアーのパーティにいた、ミコッテの槍術士。

無念のうちに死んでいった者が死者の宮殿に囚われているということなのか、これまでメインクエスト中で出会ったいろんなキャラが登場する可能性があるらしいのですが、やはりこのパーティメンバーとの邂逅は感慨深いものがあります。

彼ら彼女らは、黒幕と思しき"魔術師"が宮殿に連れてきているのでしょうか。こんな事が出来るのはアシエンをおいてほかにないようにも思えるのだけれど……51階以降が実装された際に語られるといいな。

さしあたって、倒すことで魂が開放されることを信じて……。

──────────────────────────────────────
20160719_04.jpg

パッチ3.35メンテの日は休日だったのですが、メンテ中時間を持てあましたのでPSO2に出張中のオーディンさんと戦ってきました。FF14にも増して適当プレイヤーなので一番簡単な難易度のSOROプレイですが!




単にオーディン戦を再現したというだけではなくて、道中は聖モシャーヌ植物園を模したものになっていました。この動画中に流れる音楽も差し替えているわけではなくて、実際にこの曲がインゲームで流れます。

壁を壊すと虫っぽい敵がわらっとわいたり、クマが壁をぶちこわして現れたりと、モンスターの種類や出現タイミングまでそれっぽく作り込まれていて、ダイジェストで見るだけでも雰囲気は伝わるのではないかと。

コラボである以上ごく限られた期間しかプレイ出来ない、ある意味使い捨てのコンテンツにここまでの力をかけるってなかなか出来ないですよね。14側でPSO2コラボを実施する際のハードルが相当高いように思えて、楽しみでもあり不安でもあり。


コラボ繋がりで動画をもう一つ。
PSO2のロビーにはあちこちにPVや初心者向け解説動画が流れるモニターが設置されているのですが、今回のコラボにあわせてFF14のトレーラーも流れていました。

セガのゲームであるPSO2のロビーで、FF14のトレーラーが見られる。その状況がなんというかシュールで、凄い時代になったなぁと思いつつフルで視聴してしまいました。
posted by Punish at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする