2019年08月15日

最期の歌

改めてのお知らせです。

今年もMasamune怪談会を2019/8/24(土)の21時半頃から開催します。語り手・聞き手どちらでも、ぜひぜひご参加下さいませ。

詳細はこちらの告知で!


当日語るお話は既に書き上げましたが、今回はそれとは別のお話を一つ(例によって怪談という感じでもないのですが)。
※漆黒のメインシナリオのネタバレをほんのり含むのでご注意を!※








──────────────────────────────────────
 穏やかな空気に包まれたその部屋で、老紳士は本を読んでいた。静寂を破るのは、の装束に身を包む二人の道化師。

「やあやあ!、ちょっと失礼するよ」

「これはこれは道化師方、いったい今日はどんな御用ですかな」

「質のいいメオルが入荷してねぇ。これで新作料理を作らせてドンに出そうと思ったんだけど」

「食通でも知られるキミに、その前に試食してもらおうってわけさ!

「ふむ、それは光栄なことですが……」

 本を置いた彼の前に、一皿の料理が運ばれた。薄めにスライスされたメオルに温かな野菜を添え、その上にソースがかけられている。ナイフとフォークでこれをとりわけ、口へと運ぶ。

 鼻をくすぐるふくよかな香りと、なめらかな舌触りに彼の目は軽く見開かれた。

「いや、これは素晴らしい。芳醇なソースの香りもさることながら、何よりもこのメオルのしっとりとなめらかな食感は……ああ、まさに天上の料理のようです」

 彼の言葉に、道化師たちは満足そうに微笑んだ。

「そうかいそうかい、それは良かったよ。ドンもお喜びになられるだろうね!」

「それじゃボクらはこれで失礼するよ〜。あとはゆっくりと……おや?」

「ーーッ、失礼しました。これほどの料理を、私の金糸雀にも味わわせてあげたいと考えてしまいました。フフ、こんなことではいずれ、再会する彼女に笑われてしまいますな」
            ・・・
「ははあ……いや、きっとその子も喜んでいると思うよ」

 上機嫌で帰っていく道化師たちを見送ると、彼はふと空を見上げた。
 美しい金糸雀の、歌声が聞こえた気がして。


20190815_01.png
歌を失くした金糸雀は 天へと昇る
真白き光に 包まれて

歌を失くした金糸雀は 最期に歌う
真白きその身を 糧にして
posted by Punish at 22:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

Masamune怪談会2019のお誘いと南部森林と千葉の話

漆黒のメインクエスト、最高でしたね。いやもう本当に。本当に。


メイン終了後はと言いますと、前の日記コメントに書きましたが、ヒカセンパーティ(OPヒロシパーティ)におけるエレゼン男性とヤミセンパーティにおけるエルフ女性の位置づけ・扱いについて気になるところがあり、ロールクエストをすすめるべくレベリングを頑張っています。

ギャザクラあげたり零式やったりもしてるので歩みは鈍いですけども、ファイター、ヒーラー、タンクの3ロールは終わらせることが出来ました。

ヒーラー編のとあるシーンからある疑惑が生じ、それを確認するためにもエクストラクエストが早く見てみたいところです。もしもこの疑惑が真ならば、これに付随した妄想も生じているのでエクストラ終了後に今度こそ妄想帳にまとめたい。


──────────────────────────────────────
閑話休題。

毎度のように書いていますが、なんと今年で9年・9回目!Masamune怪談会のお誘いですよ。

皆で怪談を持ち寄って語り合い、耳を傾けながらわいわい雑談を楽しむ。
そんな"あそび。"のお誘いです。

怪談語るよ!という人も聴きに行くよ!という方も是非是非、ご参加下さい。

開催日時:2019年8月24日(土) 21時半頃〜
開催場所:ゴブレットビュート10区13番(Beatrice Beatrix宅)

kumamap.jpg


ゴブレットビュートの10区に入ったら都市内エーテライトでゴブレットビュート西へ飛び、赤い矢印のルートで進んだ場所になります。

その他詳細はべあさんの告知日記をご覧下さい。


これまで行われてきた怪談会で語られた怪談のうち、ロドストなどで公開されている物をインデックスとしてまとめています。
※最近ネットワークの調子がおかしくSeesaaブログに画像アップロードや投稿がうまく出来ないのでインデックスもロドストに移すかも※



──────────────────────────────────────
全然関係ないんですけどね、こないだ黒衣森:南部森林で草刈りをしていたらね、気づいてしまったんですよ。



20190807_01.png
南部森林が千葉に似ていることを。
トレース疑惑を感じてしまうほどそっくりではないですか?!角度とか。




(やあ!ボクは南部森林のマスコットキャラクター、ナンブくんだよ!)
|/
20190807_02.png
posted by Punish at 18:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

悠久の時を経てここに時空を超えよ

我にその扉を開け!


アルファ!



かわいい。

ということで、何かコラボしてたスノウとかいうアプリを使って我が家のゲーミングスペースにアルファとプチオメガを召喚してみました。

何気にPS4の漆黒予約特典テーマで登場するアルファがシンクロしてたりもして、うん、かわいい。


──────────────────────────────────────
書くのさぼってたらすっかり旬を逃しました。



レガリアはこの世界に合わないと思っているので必要に迫られなければ自分では乗る気がないのですが、この視点で走るのは別ゲーっぽくてちょっと楽しいなと思いました。た。

あとね。

20190424_01_s.jpg

微妙に右足が内向きになってるこのこだわりはとてもとても好き。
本家ではどうなってただろうと見てみたけど、黒くてわかりませんでした。

なお左足はひいているのでレガリアはオートマの様です。



──────────────────────────────────────
いろいろ情報出揃ってきて、語りたい妄想はたくさんたくさんあったのだけど、とてもまとまるボリュームじゃなくってうだうだしてるうちにアーリーまで一週間を切ってしまいました。

ロールクエストに関するある妄想だけでもまとめておきたいのだけど、どうなることやら。
posted by Punish at 20:56 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

折り返しは竜の目で

20190419_01_s.jpg

メンタールーレットが1000回を越えまして。

1000/1000のアチーブメントリワードであるドラゴンモノクルを手に入れました。サイオンズと似てるのかと思いきや、割と別物ですね。


たびたび書いていますが、ボクはメンタールーレットが結構好きです。いろんなコンテンツが当たる可能性があるというのはそれだけでも楽しいし、新規や復帰した方と遊ぶのが好きなんですよね。

これはボクが善人であるというわけではなくて、未知へのどきどきやわくわくといった"楽しい気持ち"を、おすそ分けしてもらえる感覚が好きだという個人的理由ゆえですが。


なのでリワードを目的に集中してまわすことはありません(一日一回と限定してるわけでもないですが)。それでもここまで来られました。


アストロペは……うーん、8.xくらいですかね?もっとかな。うん。


パッチ4.5も落ち着いて、全体的に凪の季節に入りました。

蒼天へ向けたクリフハンガー、紅蓮へと続くスペクタクルと比べるといささか落ち着いた終わりではありましたが、それでもいろいろ気になります。妄想あれこれ広がります。


──────────────────────────────────────
ボクが主催というわけではないのですが、ちみっとだけお手伝いしたちょっとしたユーザーイベントが行われます。

開催日は明日です。

もっと早くに書くつもりでしたが気がつけばこんな日になってました。遊んだり遊んだり遊んだり遊んだり、あと遊んだりが忙しかったので仕方ないのです。


エオルゼア大学『鉱物学入門T』補講 マサムネ分校
〜錬金術師が語るオモシロ鉱物の世界〜


日時:2019/4/20(土) 22時〜
場所:Masamuneワールド:ゴブレットビュート10区13番 地下特設講堂

詳しくは主催のHornfelsさんの日記をご覧ください。
posted by Punish at 23:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

それでも彼らは止まらない

20190116_01.jpg

遂に青魔道士が実装されましたね!

ラーニングにレベルは関係ないということで、パーティを組んでラーニングの旅をしてまわりましたが楽しい楽しい。ラーニング成功の演出がばーんと表示されるとテンション上がります。

現時点でフィールドで習得可能な物は覚えきってしまったので、いよいよIDやら討滅戦やらにもいかねばなりません。コンテンツ突入には参加最低レベルが課せられているので、その前にまずはレベリングですね。


覚えた青魔法を駆使してフィールドでのレベリングをしていくわけですが、そんな中改めて気づいたことがありました。

フィールドには時々、ただうろついているのとは違う、会話をしたりくつろいでいたりする敵が存在していますよね。
そんな彼らにスタンを入れると、スタンはするけど止まらないということに気づいたのです。

スタン出来ないという意味ではありません。




上の動画で確認出来ますが、スタンされても会話は止めないのです!
むしろ、普通に攻撃を仕掛けたらすぐに反撃に転じてくるというのに、スタンさせた場合はそれが切れるまで会話を続けます。椅子に座ってる子を引っ張ってスタンさせると強制空気椅子です。

ただそれだけのことなのだけど、なんだかとてもとてもシュール。


何が言いたいかというとスティッキータンして針千本で倒すのちょー楽しい!

ちょーな!
posted by Punish at 12:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする