2020年12月23日

妖精王が舞い降りた

少し前に、お部屋の引き戸をヴィンテージ風の板張りにリメイクDIYしたという日記を書きました。

その後もちょこちょこと手を加えていて、大きなところでは半壁部分をOSB合板(ずっと使ってみたかった!)で覆う、ということをやっています。

そうするとどうなるか?

……なんとそこに何かを飾ることが出来るんですね。

何を飾るかはとてもとても悩みました。


嘘です。むしろこれを飾るためにやったまである。


titania20201223_01.png

ということで買っちゃいました複製原画!妖精王ティターニア!

すごい!美しい!綺麗!

複製原画を買うとして、何を選ぶか?はちょっと悩みました。
候補は「闇の戦士たち」「クリスタルの残光」「妖精王ティターニア」の三つ。

「闇の戦士たち」はイラストとしては大好きなのですが、群像系はすでに紅蓮タペストリーとバトルマスターTシャツを飾っていることもあり最初に候補から外しました。残る二つを悩みに悩んで、縦型と横型、どちらを飾ったほうがバランスがよいかを考えた結果「妖精王ティターニア」が残った、という感じです。


titania20201223_02.png

よく見るとカンバス中央に絵が描かれているのではなく、中央がくり抜かれていて、そこにうまる形になっているんですね。

普段暮らしていると真正面から見ることは少なく、斜めから見ることが多くなると思うのですが、そうするとこの処理が地味に効いてきます。
なんというか、絵に奥行きを感じるんですよね。

もしかしたら、これ以上大きく印刷すると荒くなってしまうがための苦肉の策なのかもしれないけれど、余白を”意味のある余白”に転じる、イイ加工だなー、と思います。


titania20201223_03.png

少し引いた視点で、前回と同じようなアングルで撮るとこんな感じ。

はー素晴らしい。無限に見ていられる。

はー。
posted by Punish at 17:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

PS5が発売されましたので

これまでPlayStationプラットフォームでは、特に日本に於いて○ボタンで決定、×ボタンでキャンセルという操作方法が一般的でした。

しかしPS5ではこれが改められ、全世界的に×ボタン決定を標準とし、設定でも変更出来ないという方針がSIEから発表されています。この方針にどの程度の強制力があるのかはわかりませんが、各社の対応を見る限りPS5専用ゲームではどこも×ボタン決定が固定化されているようです。


……というわけで、

dio_punish.png

、、、 、、、、、、、、、
おれは ○ボタン決定をやめるぞ! ジョジョーーッ!!



PS4互換機能でFF14を動かす分には決定は○ボタンのままらしいのですが、今後のアップデートで変わる可能性があると書かれていますし、何より今後、例えば6.0にあわせてPS5ネイティブ版が出た場合は×ボタン決定となる可能性が高いでしょう。

膨大なコンフィグで力任せにUIの柔軟性を担保してきたFF14とはいえ、プラットフォームホルダーの意向は無視出来ないかもしれない。

ならば今から慣れておくしかない。ボクはそう考えました。

実際には99.9%PC版でプレイしており、PS3版からPS4版まで、実際に使った総使用時間が数時間であることを考えると無駄なんじゃないかと思わなくもないですが、だってほら、突然PCが壊れて一時的にPS5で遊ばなきゃいけなくなったりしたとき困るし。



自分への言い聞かせを完了したので、早速設定していきましょう。
※便宜上○/×ボタンと書いてきましたが、当環境ではそれぞれB/Aボタンとなります。

システムコンフィグからゲームパッド設定を選択し、ボタンカスタマイズを開きます。

padconfig20201117.png

右側にあるB(○)ボタンとA(×)ボタンの機能を入れ替えて適用。

……わざわざ画像つけて説明書くほどじゃないな?


という決断をしてから数日ほどが経ちました。
なんとか少しは慣れてきたというところですが、まだ時々混乱します。

置いたはずのアーサリーが置けてなかったりとか、縮地で避けたはずの範囲を不動でくらったりとか。

まぁもう暫く使い込んでいけば慣れるでしょう。これで安心してPS5で遊ぶことが出来ます。



PS5を買う権利が手に入りませんが。
posted by Punish at 22:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

Masamune怪談会2020終了しました!

20200809_01.png

開催十周年となる、2020年のMasamune怪談会が無事に終了しました。

告知後しばらくはあまり反応もなく、語り手もなかなか集まらないということでちょっと心配しておりましたが、結果としては参加者40名強、語り手も10名と去年と同じくらいの規模での開催となりました。

それにしても10年ですよ。
毎年「こんなに続くとは〜」と言ってるような気もしますが、それだけ長い期間FF14を飽きずに遊び続けているということでもあって、我ながら凄いことだなと思います。

仮に毎年10名語り手がいたとすると百物語が完成することになりますが……さて何か起こるでしょうか?(全てを網羅しているわけではありませんが、去年までのインデックスにまとめたものだけで67ありました)。


というわけでお約束。
今年も各語り手の方にお話をアップしていただき、怪談会インデックスにまとめています。順次追加していきますので是非ご覧下さい。
怪談会インデックス

今回のボクの創作怪談はこちら→「side:B
ちょっと変化球です。


20200809_02.png

それでは お 憑 か れ さ ま でした!また来年!
posted by Punish at 22:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

Masamune怪談会2020は明日開催!

20200705_01.png

というわけで直前となりましたが、改めてのお知らせです。

今年で10周年となるMasamune怪談会が明日、2020/8/8に開催されます。

危惧していた語り手も10名集まったのかな?10周年で10名というなかなかキリのいい数字に。

そんなわけで、パッチ5.3直前のナギ節最後のひとときにいかがでしょうか。

開催日時:8月8日(土曜日)21時30分頃〜
開催場所:ゴブレットビュート10区13番(Beatrice Beatrix宅)

kumamap.jpg



ゴブレットビュートの10区に入ったら都市内エーテライトでゴブレットビュート西へ飛び、赤い矢印のルートで進んだ場所になります。

その他詳細はべあさんの告知日記をご覧下さい。
タグ:FF14 怪談会
posted by Punish at 23:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

メンタールレであのマウントを手にいれた

実装から随分経ってしまいましたが、先日メンタールレであのマウントを手にいれました。




そう、

20200716_01.png
リオレウスをね!

メンタールレは稀に極が当たることもあって、8人用の極が当たるとめちゃくちゃテンションあがるんですが、本当に稀で滅多にあたりません。一方で特殊な極である極リオレウス狩猟戦は、なんだかちょくちょく当たるのです。

実装当初に10連戦くらいして以後は、少人数での遊び場候補としてちょこっとやってみるくらいで、トータルとしてはせいぜい20戦くらいしかやっていませんでした。

それがメンタールレで当たるようになり、気がつけば上鱗が50枚です。単純に考えて30枚くらいはメンタールレ産ということになるでしょうか?


空の王者で翔るアジムステップは格別のものがありますね。


──────────────────────────────────────
引き続きMasamune怪談会2020では参加者を募集しております。

2020年8月8日と、パッチ5.3直前となりますが是非ともご参加お願いいたします。特に語り手がまだまったく集まっておりません……是非に……是非に!


詳細はべあさんの告知日記にて!
posted by Punish at 22:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする